お知らせ

満1歳を過ぎたら早めにMRの予防接種を受けましょう!
2016/11/02
麻しんや風しんに罹患しないためには、MR(麻しん・風しん混合ワクチン)の予防接種を受けることが重要です。また、お子さんが感染源にならないためにも、1歳を過ぎたらできるだけ早く、MRの予防接種を受けましょう。

【対象者】

1期 :生後12か月~24か月間にある者・・・1回 

2期 :5歳以上7歳未満の小学校就学前の年度(4月1日~3月31日迄)の1年間にある者(年長児)・・・1回

接種料金 :無料

※ 県外の医療機関や、栃木県内の相互乗り入れ医療機関以外で予防接種を受けた場合は、1期:11,880円・2期10,800円を上限として補助します。

【予防接種を受ける場合】

医療機関に予約をします。
接種の受ける際には、母子手帳・保険証を必ずお持ちください。
町内の医療機関には予診票が用意してあります。

※ 町外の医療機関での接種をご希望の方は、保健センターに来所してください。高根沢町の予診票をお渡しします

【麻しん(はしか)とは】

麻しんウイルスの空気感染によっておこります。とても感染力が強く、予防接種を受けていないと多くの人がかかる病気です。38度を超す高い熱と発疹がみられます。麻しんは合併症を起こしやすく、特に乳幼児は、肺炎や中耳炎などを併発しています。まれに脳炎を発症することもあります。麻しんにかかってから、10年以上経過した後に【亜急性硬化性全脳炎】という重い脳炎を発症することがあります。

 【風しんとは】

風しん患者の「咳」や「くしゃみ」のしぶきに含まれるウイルスを吸い込むことで感染します。

発熱や発疹などの症状は3日程度で直りますが、まれに脳症などの合併症も起こすことがあります。

また、妊娠している方が妊娠早期に風疹にかかると、生まれてくる赤ちゃんが、「先天性風しん症候群(心疾患や難聴、白内障など)」を発症する場合があります。 妊娠している女性だけでなく、周囲の人も感染しないことが大切です。


お問い合わせ先

高根沢町 保健センター
〒329-1225 栃木県塩谷郡高根沢町大字石末1825番地
TEL:028-675-4559 FAX:028-675-6999
Email:kenkou@town.takanezawa.tochigi.lg.jp
一覧ページへ戻る