重要なお知らせ

こども医療費助成制度の現物給付を18歳まで拡大します
2018/04/01
 高根沢町では、これまで、こども医療費助成制度は中学3年生までが助成対象でしたが、平成30年4月から18歳まで拡大します

 さらに、栃木県内の医療機関を受診した際に窓口での支払いが不要になる「現物給付」の対象を、未就学児から18歳まで拡大します。

■助成方法
 栃木県内の医療機関等を受診する場合、町が発行した「こども医療費受給資格証」と、お子さんの「健康保険証」を提示することで、窓口での保険診療分の自己負担・入院時食事療養費のお支払いがなくなります。【現物給付】
 栃木県外の医療機関等を受診する場合は、医療機関等の窓口で保険診療分の自己負担をお支払いください。受診した月の翌月以降、助成申請書に領収書を添えて町に申請すると、後日、保険診療の自己負担分・入院時食事療養費を指定口座に振り込みます。【償還払い】

■ご利用にあたっての注意点
①制度変更により、『こども医療費受給資格証』が新しくなりますので、4月以降に医療機関等を受診する際は、同封した新しい受給資格証をご使用ください。
②4月以降は、これまで使用していた受給資格証は使用できませんので、こどもみらい課に返却するか、または破棄してください。
③保険が適用にならないもの(健康診断、予防接種、薬の容器代等)は、助成の対象になりません。
④「こども医療費受給資格証」と「お子さんの健康保険証」を提示しない場合は、現物給付を受けることができません。
⑤平成30年3月31日診療分までは、今までの助成方法のとおりですので、受給資格証も今までのものご使用ください。
⑥重度心身障害者医療費助成又はひとり親家庭医療費助成の対象となっているお子さんについても、助成を受けられます。
⑦加入している健康保険や住所等が変更になった際は、速やかに変更の手続きをお願いします。
⑧高根沢町から転出すると、受給資格証は使用できませんので、転出する際は受給資格証を返却してください。なお、返却せずに誤って使用してしまった場合は、後日、こども医療費助成分を返金していただきますのでご承知ください。


【問い合わせ先】
こどもみらい課 養育支援係
TEL 028-675-6466
一覧ページへ戻る